ガラパゴス サンタ・クルス島

(2007年12月6日〜12月9日)



El Chato
ここでは自然な状態で、ゾウガメが見れます。






チャールズ・ダーウィン研究所
仲良く昼寝中のゾウガメ



チャールズ・ダーウィン研究所
首を伸ばしてポーズをとってくれるゾウガメ
チャールズ・ダーウィン研究所
首を伸ばして、葉を食べるゾウガメ。



チャールズ・ダーウィン研究所
近づいても食べることに夢中のゾウガメ。
チャールズ・ダーウィン研究所
リクイグアナは、ウミイグアナのように
ウジャウジャいなく、ここでやっと見れた。



チャールズ・ダーウィン研究所
サボテンを食べてる、リクイグアナ。
プエルト・アヨラ
魚をさばいている後ろで、おこぼれを待っている
アシカとペリカン。



プエルト・アヨラ
おこぼれを待っているアザラシとペリカンの上では
グンカンドリも狙っている。
El Chato
こっちに向かって来るゾウガメ。



El Chato
目の前をノッシノッシと歩くゾウガメ。
たくましい足。

El Chato
水を飲みに来たゾウガメたち。



El Chato
ゾウガメは、犬や人が側を歩くと首を縮めて止まってます。



El Chato
El Chatoの帰り道、普通にゾウガメが道を横断。
さすがガラパゴス!!!


タートル・ベイ
アオアシカツオドリとウミイグアナ。
距離が近いけど、お互い気にせず・・・
タートル・ベイ
ビーチにたたずむ、ウミイグアナ。



タートル・ベイ
サーファーも2.5キロの遊歩道を歩いて来ます。
ここまでボードを持って歩いて来るだけで、疲れそう・・・
タートル・ベイ
ビーチをずっと歩いて行くと、
カメ、サメ、エイがいる湾に。


Islas Plazas
ここでチェックダイブ。チェックダイブ中アシカが様子を見にきた。。
1本目と2本目のダイビングの間、ここに戻り、ランチ。
ここはアシカだらけ・・・
ゴ-ドンロック (スキューバーダイビング)
海水が冷たい・・・
1本目、魚がいない・・・
ガラパゴスでなくても、どこにでもいるウツボ。


ゴ-ドンロック (スキューバーダイビング)
ここはハンマーヘッドシャークのポイントだが、いない・・・
1本目の終りに、6人で潜って修一1人だけが見たハンマーヘッドシャーク。
しかも、遠い・・・見えるかな???
ゴ-ドンロック (スキューバーダイビング)
2本目はさらに透明度も悪く、流れもキツイ。
ハンマーヘッドは現れず、エイが来た。

ゴ-ドンロック (スキューバーダイビング)
またエイだ!!!この後、流れに逆らって泳いで、進まず、
みんなの酸素が一気になくなり、安全停止なく、手をつなぎ浮上。
はぁ〜怖かった。。。

プエルト・アヨラ
この港には、たくさんのクルーズ船が停泊。



バルトラ島
サンタ・クルス島からボートで空港のあるバラトラ島へ。