モロッコ1

(2006年4月26日〜6月1日)



エッサウィラ
 大西洋に面した町。今回の旅での最西端。お金がなくなり大西洋を渡って中南米には行けず、この後は東に。






アルヘシラスからタンジェ
スペインのアルヘシラスから船に乗り、ジブラルタル海峡をわたって、
2時間後にはモロッコのタンジェに。

アルヘシラスからタンジェ
アルヘシラスを出てすぐに、何か浮いてきた。
何だ???と思ったら、潜水艦だった。


タンジェ
城壁に囲まれた旧市街メディナ。細い道には観光客だらけ。
ブルガリアのソフィアからバスと船を乗り継いでの
長〜い74時間の移動疲れで、メディナの中の宿に4泊。

ラバト
モロッコの首都のラバト。駅前にはオープンカフェもあり、
電車の出発までちょっぴり優雅に、コーヒーとクロワッサンでモーニング。
ラバト
ラバトのメディナも人だらけ。ここは観光客ではなく、地元の人が多い。


マラケシュ
ジャマ・エル・フナ広場。


マラケシュ
ジャマ・エル・フナ広場。
マラケシュ
ジャマ・エル・フナ広場で、衣装を着て、水を売るおじさん。


マラケシュ
ジャマ・エル・フナ広場では、行ったときは大道芸人よりも、
ヘビ使いが多く、コブラあちこちに・・・
マラケシュ
ジャマ・エル・フナ広場。オレンジジュースの同じ屋台が並んでいて、
今日はどこにしようかな・・・オレンジジュース、1杯50円位で、本当に美味しい!

マラケシュ
ジャマ・エル・フナ広場。夕方になるとモロッコ料理の
屋台が始まり、どこで何を食べようか???

マラケシュ
ジャマ・エル・フナ広場。屋台のおじさんたちは、
威勢よく客の呼び込み。今日はここにしよう!

マラケシュ
ジャマ・エル・フナ広場から見る、高さ77メートルのクトゥピア。
広場との間には、観光客用の馬車がずらりと客待ち。
マラケシュ
スークの中のラバ・クディマ広場では、かごや帽子を売っている。
奥の建物はスークで、迷子になりそうなくらい広い!
マラケシュ
ジャマ・エル・フナ広場に面したお土産やさん。
店番のおじさんたちは、お話に夢中!

マラケシュ
スークの中の陶器のお土産やさん。
入り口の所に置いてある三角のは、タジン料理の器。
マラケシュ
モロッコの煮込み料理のタジン。


エッサウィラ
ビーチ。
エッサウィラ
ビーチでは、多くの人がサッカーで遊んでいる。


エッサウィラ
旧市街のメディナの中にある宿の部屋から
海を見ると海の中に建物が・・・。
エッサウィラ
展望台には、絵を並べて売っている。


エッサウィラ
旧市街のメディの中。

エッサウィラ
旧市街のメディの中。
エッサウィラ
漁港には漁船がいっぱい!

エッサウィラ
釣ってきた魚をすぐさばいている。

エッサウィラ
さばいている魚を狙っているかもめ。


エッサウィラ
メディナの中の魚市場。
今日のランチは市場の中にある店で、いわし料理。

マラケシュからティネリール
マラケシュからアトラス山脈を越えて、バスで8時間の移動。


マラケシュからティネリール
山肌の色が段々になっている。
マラケシュからティネリール
真っ赤な土色の日干しレンガの家が車窓から見れる。
ティネリール
以前に、サハラ砂漠マラソン?で、かんぺいちゃんが来たらしく、
こんな小さな町の人が、「かい〜の」を知っていた!