チベット

(2009年10月13日〜10月24日)



チョモランマベースキャンプ
標高5200mにある、チョモランマベースキャンプ(エベレスト)で1泊。チョモランマは標高8848m。







シャングリラからラサ
雲南省のシャングリラを朝の8時15分発。
2時間後には、ラサに到着。中国東方航空の飛行機の窓からは、
ずっとヒマラヤ山脈が見れる。大迫力!!!

シャングリラからラサ
雪山を真上から見れて、最高の景色

あっという間の2時間。雲南省の昆明の旅行会社で
片道航空券と入境許可書で2550元(37,000円位)。



ラサ
ラサは標高3650m。ポタラ宮殿はダライ・ラマの宮殿。
1959年3月から、ダライ・ラマ14世はインドのダラムシャーラーに亡命中。

ラサ
ポタラ宮広場の池越えで見のも、いい感じです。
ポタラ宮殿は7世紀頃から建設が始まった。
ラサ
ポタラ宮殿の中は決められた通りを見学。
白宮は、ダライラマの住居で、会議室などもある。


ラサ
ポタラ宮殿の中はカメラで撮ることはできないけど、外ならいいということで、
窓からの景色。ダライ・ラマもこの景色を見ていたんだろうな・・・


ラサ
ポタラ宮殿の見学が終わると、裏側に出る。



ラサ
ポタラ宮殿の回りには、マニ車を回して時計回りに歩く巡礼者。

マニ車は1回まわすと1回経文を読んだことになる。



ラサ
北京東路は、チベット族が住んでいる地域なので、
ここからポタラ宮殿も見えて、チベットを感じられるけど、
漢族が住んでいる地域はポタラ宮殿の近くまでビルなどが建ち並び、
残念な景色。

ラサ
ジョカンはラサの中心。。


ラサ
バルコル。ジョカンのまわりを巡る道。
路上には、仏具などいろんな物が売っている。や、
ラサ
ジョカンの回りをマニ車を回しながら、
多くの巡礼者が時計回りで歩いてます。






ラサ
宿の近くの屋台。
夜、お腹がすいた時に通ってました。


ラサ
ポタラ宮殿の近くにある市場。
カボチャが大きい!!!
ナムツォ 1日目
ランクルをチャーターして、6日間のツアー。
4人でチャーターして、1人1075元。1日目はラサからナムツォ往復。
ナムツォのすぐ手前にある標高5190メートルの峠。

この峠を越えたら湖。ラサから車で4時間近くで着く。

ナムツォ 1日目
標高4700メートルにある塩水湖。
チベット語で天の湖という意味で、チベット三大聖湖のひとつ。


ナムツォ 1日目
小山を登るとナムツォのきれいな湖の色がよく見える。



ナムツォ 1日目
小山を登って進んで行くと、ヤクの角がマニ石の上にヤクの角がある。
この場所にとってもあっている。
ナムツォ 1日目
小山をさらに進んで行くと、建物が。


ナムツォ 1日目
小山の先端はここ。
標高が高く酸素が薄いので、息苦しいが、
湖と雪山が見えて、気持ちいい。ここまで来てよかった!!!



ナムツォからラサ 1日目
ほとんどすれ違う車もなく、ずっとこんな景色だけど、飽きない。



ナムツォからラサ 1日目
空がすごく近い!!!


ラサからギャンツェ 2日目
ラサを出て、標高4749mのカンパ峠に着くと、
峠の下はヤムドク湖。
チベット犬がたくましい!!!


ラサからギャンツェ 2日目
ヤムドク湖は標高4250m。

エメラルドグリーンの色をしてる。
ラサからギャンツェ 2日目
ヤムドク湖沿いでは、ヤクを放牧。



ラサからギャンツェ 2日目
標高5045mのカロー峠。
雪山はノジン・カンツァン(7191m)、チェツン・チュサン(6242m)。
氷河がすぐ近くで見れる。

ラサからギャンツェ 2日目
カロー峠のお土産や。
大きい水晶が売っていて、この写真見るたびに買えばよかったと
ちょっぴり後悔・・・。
ラサからギャンツェ 2日目
カロー峠から1時間。
またまた、エメラルドグリーンの湖。


ギャンツェ 2日目 
ラサを朝9時に出発して、ギャンツェに夕方5時に到着。
今晩はギャンツェに泊り。山の上には、城塞のギャンツェ・ゾン跡。
14世紀
に創建された王の居城。

ギャンツェ 2日目 
ギャンツェ・ゾン跡からはギャンツェの町並みが見渡せる。
ギャンツェはチベット自治区の中では3番目に大きい町で、標高3950m。


ギャンツェ 2日目 
ギャンツェの町。夕方の7時なので、牛も帰る。



ギャンツェ 2日目 
正面に見えるのが、パンコル・チョエデ。1418年に創建したらしい。
今まで高山病は大丈夫だったが、ギャンツェ・ゾン跡に登ってから息苦しい・・・
日没が近いので、修一に先に行ってもらい、私は後からゆっくり歩いて、
日没前にはついて間に合った!!!


ギャンツェ 2日目 
やっと着いたパンコル・チョエデ。
遅かったので、中には入れなかった・・・。
左の大きなストゥーパーが有名。

ギャンツェ 2日目 
パンコル・チョエデから見る、山の上のギャンツェ・ゾン跡。

パンコル・チョエデの参道にはマニ車が並んでいる。
帰りは高山病で息苦しくなり、バイクタクシーで。


シガツェ 3日目 
ギャンツェを朝9時に出発して、1時間後にはシガツェに到着。
シガツェは標高3900mで、チベットでラサの次の2番目に大きい町。
タシルンポ寺は1447年創建。パンチェン・ラマの住んでいた所。

シガツェ 3日目 
シルンポ寺も広く多くの部屋がある。。
ラチェからチョモランマベースキャンプ 4日目 
ラチェを出て1時間後、標高5133mのラクパ峠。
峠には、経文が印刷された祈祷旗がはためている。

ラチェからチョモランマベースキャンプ 4日目 
ラクパ峠では峠越えの時、バスから降りて、
チベット人が、タルチョをつけている。
ラチェからチョモランマベースキャンプ 4日目 
ラチェを出てから1時間過ぎると、うっすらと雪景色。
ラチェからチョモランマベースキャンプ 4日目 
初めてチョモランマ(エベレスト)が見えた!
左がチョモランマ。右がチョー・オユー。



ラチェからチョモランマベースキャンプ 4日目 
だんだんチョモランマが近づいてきた!!!
ちょっと雲がかかっているけど、感動!!!

チョモランマベースキャンプ 4日目・5日目 
やっと着いたチョモランマベースキャンプ。
標高5200mのベースキャンプから見る、標高8848mのチョモランマは
大きさが感じられない・・・遠くから見た方が、大きく感じた。


チョモランマベースキャンプ 4日目・5日目 
ここは標高5200メートル。ちょっと歩くと苦しい・・・
少しでもチョモランマに近づこうと思い歩くが、息苦しくて
無理!!!!!



チョモランマベースキャンプ 4日目・5日目 
石の後ろに見えるのは、ベースキャンプのトイレ。
その後ろがチョモランマ。
チョモランマベースキャンプ 4日目・5日目 
ベースキャンプにあるテントに泊まります。
着いてしばらくすると、今度は修一が高山病。
同じテントに泊まるアメリカ人に薬をもらったら、
ちょっとラクになったみたい。


チョモランマベースキャンプ 4日目・5日目 
テントの中。イスに横になり、寝袋に入って、その上から毛布をかけて眠ります。
朝方、寝ていたら、頭の近くに置いてあるペットボトルの水が
パリッ、パリッと凍り始める。寒い・・・

チョモランマベースキャンプからティンリー 5日目 
ベースキャンプからは、チャーターした車があるロンボク寺まで、
バイクで送ってもらいました。手袋も冬用の帽子ももっていないので、
風が冷たくて、痛い・・・い



チョモランマベースキャンプからティンリー 5日目 
ラサから一緒にチャーターした二人と運転手が泊っているロンボク寺の宿。
チョモランマベースキャンプからティンリー 5日目 
ロンボク寺を出ると、道なき道を進む。

チョモランマベースキャンプからティンリー 5日目 
ずっと未塗装の道を進むとティンリー。


ティンリー 5日目・6日目 
ティンリーのメイン道路。


ティンリー 5日目・6日目
ティンリーのレストランの中。
ティンリーからダム 6日目
朝はこんなに天気が良かったのに。。。
ティンリーからダム 6日目
さっきまで天気が良かったのに、雲がやて来て雲の中。


ティンリーからダム 6日目
しばらく走ると雲の上に出た。



ティンリーからダム 6日目
峠は雪が積もっていて一面真っ白な世界。
ティンリーからダム 6日目
雪景色。
ティンリーからダム 6日目
雪景色だ〜。



ティンリーからダム 6日目
前をはしっていた車が溝にはまってしまい、
男性陣はお手伝い。


ティンリーからダム 6日目
峠を下ってきても、まだ雪景色。